ウィッグの基礎知識1 |ファッションウィッグから医療ウィッグまで数千点!髪のお悩みに優しくアドバイス

ウィッグの基礎知識1

業界25年以上の経験を持つウィッグ案内人が、貴女にマッチしたウイッグを選ぶための様々な知識をご紹介します。
ご覧頂き、もし分からないことがあれお気軽にメールフォームにてお問い合わせ下さい。

用途と種類

お悩み・おしゃれ用


トップピースは、白髪が気になる分け目隠しや、髪のこしがない部分のボリュームアップに最適なウィッグです。部分的につけるものですので、小さくて軽く自然に髪になじみます。
また、今までのヘアスタイルを変えずに、グッと印象を若々しく演出できます。
一方、フルウィッグは、ご自分の髪をまとめ、頭全体をおおうウィッグです。
いつも綺麗にセットしたてのようなスタイリングが楽しめます。
ロングヘアをショートにいいなりカットするのは、なかなか抵抗がありますよが、そんなこともフルウィッグなら可能です。
また、華やかなカラーに変化させ、大胆なイメージチェンジも思いのままです。
このれらの中間になるのがハーフウィッグです。
前髪を活かしながら、短めの後ろ髪をロングにするというようなアレンジが行えます。

お勧めキャップ種類:トップピース・ハーフウィッグ・フルウィッグ

医療用

 抗がん剤治療や病気、ケガ、やけどなどによる髪の悩みを抱える方のための商品です。
一般的なウィッグとの差は少ないものの、地肌に直接触れるため、ベース(土台)を肌にやさしい素材にしているのが特徴です。

お勧めキャップ種類:フルウィッグ

ファッション用

 フルウィッグ、ハーフウィッグ、前髪用、お団子、えりあし用など様々な種類がありますが、主にファッションを目的としてウィッグです。
比較的安価でカラーのバリエーションが豊富です。主流は人工ファイバーです。
週末だけオシャレして出かけるためのものとしてや、パーティで着用するなど、用途別に使用できるので、幅広い楽しみ方が可能です。
スタイルを様々アレンジして使用されている方も多いです。

お勧めキャップ種類:フルウィッグ・ハーフウィッグ・前髪ウィッグ・お団子ウィッグ・えりあしウィッグ・ロープウィッグ

子供用

 生まれつきの無毛症や傷・火傷・薬物治療や円形脱毛症のお子様向け商品です。
伸縮性のあるベースやゴムアジャスターでやさしくフィットするタイプが主流です。

お勧めキャップ種類:フルウィッグ

価格とランニングコスト

価格とランニングコスト

ウィッグの平均的な価格は以下の通りです。

◆ ファッション用(人工毛髪)

・4千~2万円程度

◆ お悩み・おしゃれ用

・ 既製品:3~20万円程度
・セミオーダーメイド:15~30万程度
・オーダーメイド:30~60万円程度

◆ 医療用

・5~60万円程度

◆ こども用

・5~20万円程度

※高額だから全て良い品質とは限りません。
メーカーごとの商品特性から自分の好みに合った商品を選び、価格を比べた商品選びが賢い方法です。
10秒カンタン検索で、お試しください

既製品ウィッグのランニングコスト

メンテナンスのため専用品が必要になります。
シャンプー・コンデショナー・ブラシ・など平均2千~1万円程度です。

メーカーによっては、お試しセットが購入時に付属されている場合もございます。
また、商品のリセット(カールなどのスタイリングを再調整すること)は、1,500~4,000円程度が相場です。
ご自身で行うことも可能です。

※当社でもリセットサービスをおこなっております。

オーダーメイド品のランニングコスト

購入メーカーの直営サロンに行き、髪のカットを月に1回くらいのペースで通った場合、年間5万~10万円(パーマ・カラーなどで加算)程度かかります。
別途、消耗品のシャンプー・コンディショナー・トリートメント・両面テープ・静電気防止スプレー・艶出し剤等々が必要な場合もございます。
オーダーメイドの場合は特に、ウィッグの単品の費用だけで考えるのではなく、これらのランニングコストも十分に計算して、無理のない購入をお勧めします。

耐用年数

ウィッグを毎日使用した場合、既製品・オーダーメイド品にかかわらず、平均3年前後が寿命と考えられます。
オーダーメイド品は高額な分、耐用年数が長いとは限りません。

この点も注意して下さい。

修理

品物によっては修理することも可能です。

ただし、修理したからといって購入時の自然観には戻りません。
もし修理をする場合には、どれ位直るのか?修理先に確認することをお勧めします。

なお、メーカーへの依頼ですと、修理価格は平均1~5万が相場です。

長期間使用していくものですので、価格・メンテナンス・アフターケア・修理費など、想定されるランニングコストなど、しっかりと理解して選ぶ必要があります。