ウィッグの基礎知識3 |ファッションウィッグから医療ウィッグまで数千点!髪のお悩みに優しくアドバイス

ウィッグの基礎知識3

貴女に似合うスタイル

卵形

卵形の顔立ちは理想といわれているのは、どの位置にボリュームを出しても顔とのバランスが良く自然に収まります。
反面、個性を出しずらく、多少大胆なヘアスタイルにしても品がよく見えますので、そのメリットを活かし、個性的なヘアスタイルにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

丸顔

丸顔の方は可愛らしい印象ですが、顔の縦横の長さに差が少ないため、子供っぽくみえるのが難点です。
よって、全体のシルエットをヘアスタイルで縦長に見せると、印象として細くすることができます。トップにボリュームを持たせ、サイドはボリュームを無くすとアゴのラインをすっきり見せることができます。

三角顔

顎のラインがほっそりとしているので、シャープなイメージがある分、ストレートヘアなどではきつく見えがちです。
よって、頭のはちのボリュームを抑えるようにセニングカットなどを入れるのがおすすめです。
また、襟足は残しておき、サイドにボリュームを持ってくるようにして顔の優しいラインを出すようにすると良いでしょう。

面長顔

立体的なウェーブを付けると似合います。トップにボリュームがあると、顔の長さをより強調してしまうので、トップは抑えて、両サイドの膨らみを持たせるシルエットにするとバランスが良くなります。
ショートやミディアムヘアの場合は、あごから頬骨を結ぶ延長線上にボリュームを出すシルエットが綺麗です。

四角顔

四角顔は男性的な印象のため、ウェーブなどをつけ女性らしい柔らかなイメージにすることをオススメします。縦に流れるウェーブにすると、ほっそりとした顔の印象になり、ショートの場合は、トップにポイントを持ってきましょう。エラの部分は、少し高めの位置からボリュームを出すようにするとすっきりとします。

サイズの選び方

トップピースにおいては、サイズや形は様々です。以下のような場合の簡単なアドバイスです。

分け目だけカバーしたい→縦長の商品

白髪が伸び始めますと、分け目はごま塩の様に白黒になり特に気になりますよね。
そんな時のカバーにお手軽サイズのこちらの商品です。

ご予算もお手頃です。

サイズ目安:横4~7センチ×縦8~15センチ

つむじだけカバーしたい → 楕円の商品

白髪や髪が細くなると、特につむじ部分は薄く見えやすくボリュームがなくなります。
そんな時、お手軽サイズでつむじカバーができます。ご予算もお手頃です

サイズ目安:横8~13センチ×縦8~14センチ

白髪を隠したい・トップにボリュームがほしい → 標準の商品

トップ全体の髪が細く、白髪なども気になる方へは、トップピースの標準サイズの こちらをお勧めいたします。
全体的に安定感がありますので、使用しやすいサイズです。ご予算も標準です。

サイズ目安:横9~14センチ×縦11~17センチ

全体的にボリュームがほしい → 広い範囲の商品

全体的に髪が細く、白髪なども気になり、自髪の為にもカラーやパーマを 控えたい方にはこちらの安心サイズがお勧めです。
自髪の状況の変化に左右されず安心してご使用になれます。ご予算は少々高くなります。

サイズ目安:横14~20センチ×縦15~25センチ

※用途に応じた商品が、10秒簡単検索欄の『キャップ』欄の“トップピース”をお選びしていただきますと
商品の選出がされ、詳細欄にもサイズが明記されております。
また、『ウィッグキャップの種類は?』欄を参考にしてください。

フルウィッグ(全かつら)におきましては、フリーサイズのもの以外で、必ず調整の必要な商品もございます。
商品詳細欄に≪★調整必須≫と明記してありますので、『サイズの測り方』をご覧いただき、入力を願いいたします。

カラーを選ぶポイント

トップピース(部分かつら)の場合

自髪とのカラーバランスを考えなければなりません。特に、白髪染をされている方は、染めたばかりの状態と1か月位経過した後の退色の状況を考慮しなければなりません。
染めてから2週間~1か月後の退色カラーに合わせると良いでしょう。
自髪の黒髪より、やや明るめのお色であれば、明かるさや華やかさを感じさせられます。
反対に、自髪より暗いお色のウィッグカラーはお勧めできません。

ハーフピース(トップからフルウィッグまでの中間サイズ)の場合

トップピースよりサイズが大きい分、自髪をカバーし、白髪や染の退色の変化をカバーしてくれます。
カラーはトップピース同様、自髪の黒髪より、やや明るめのお色をおすすめします。

フルウィッグ(全かつら)の場合

ファッション用としてご使用なら、今までと違うカラーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
医療用お悩み用としては、ご自身の自然カラーか、少々明るめのカラーで華やかさを出し気分を変えるのも良いと思われます。

ヘアアクセサリー(つけ毛)の場合

様々な場所にご使用されると思いますが、基本は自髪より明るめが良いでしょう。
明るすぎても、カラーの段差がでてしまうので極端な色はお勧めできません。
商品によっては、根元から毛先の色をグラデーションカラーに染分けたものや、色の明るい髪をブレンドした、メッシュの商品もございます。様々取り揃えておりますので、お楽しみください。